INFORMATION

概要

マエカブ演劇フェスティバル2024
(通称:カブフェス)
国重要文化財指定の披雲閣を芝居小屋に変えた演劇祭です。
主催:株式劇団マエカブ

日程

2024年
9月14日(土)11:00〜17:30
9月15日(日)10:00〜16:30

会場

玉藻公園(史跡高松城跡)内「披雲閣」
香川県高松市玉藻町2番1号
※アクセス便利!JR高松駅 徒歩5分、コトデン高松築港駅そば。
※お車でのお越しの場合は近隣にタイムパーキングがございます。大変混みあいますので、乗り合わせ、公共交通機関でのご来場にご協力お願いします。

「おひねり」について

マエカブ演劇フェスティバル(カブフェス)では、 各団体・個人の上演をご覧いただいた方から、観劇後に「お気持ち」を ちょっぴりいただく「おひねり(投げ銭)システム」を取り入れています。 おひねりの額に決まりはありませんし、ゼロでも構いません。あくまで「お気持ち」でどうぞ!


チケット販売


料金 ・一般1day…3,000円
・一般2day…5,000円
・高校生以下1day…1,500円
・小学生以下1day…500円
購入方法
WEB予約のみ
こちらの WEB予約フォームに必要事項を記入し、送信してください。
※チケット代金は日支払いとなります。現金/PayPayがご利用いただけます。


タイムテーブル




出演団体・個人

クリック(タップ)すると各団体・個人の紹介が表示されます。

演劇をもっと身近にという想いで、2011年より香川県を中心に活動している劇団です。 主催公演以外に演劇祭やワークショップの企画など幅広く活動してます。

上演作品
イエスか農家
作:岡田敬弘
演出:岡田敬弘
出演:白川夢華、宮本はるか、三嶋孝弥、高木康男
長谷川家の3姉弟は父の病気をきっかけに、家業にぶどう農家の相続について話し合う。
あなたは後を継ぎますか?yesかnoか?


上演作品
ラクカラーチャ
作:岡田敬弘
演出:岡田敬弘
出演:高木康男、宮本はるか、三嶋孝弥
イソップ童話アリとキリギリスを元にしたシュールなコメディ。
何度もブラッシュアップを繰り返し、今回スピード感が120%UP!


上演作品
「怪談、オ売リシマス」
「怪談、オ売リシマス」 奇妙な行商人が披雲閣を徘徊し、怪談奇談をもって商いをいたします。
お客様にはいくつかのお話しの中から、お好きなものをお選びいただけます。
お取引時間は10分程度です。
今年は新顔が行商にやってくるようです。ぜひご贔屓に。

茨城発。全国行き。イチニノは濃密な舞台空間を創るチームです。 徹底して「ひとの心の機微、ひとのいる空間、ひとの熱い呼吸」を描きます。 「1、2の」までは準備するので、「3!」はみなさんご一緒に。

上演作品
ぜんぶきあつのせいだ
作:前島宏一郎
演出:前島宏一郎
出演:梅木彩羽・近藤あずさ・近藤ゆうま・親鳥ひな(演劇ユニットFOX WORKS)・佐藤ホームラン(バカバッドギター) ※変更の可能性あり・ゲスト追加の可能性あり
音響:戸室健太郎・前島宏一郎
好きな人とキスする1秒と、 朝オフトゥンからでるための1秒と、 お仕事に追われる1秒が、 何故にこんなに違って感じるのでしょうか?
…気圧のせいでいろんな古傷が痛くてしょうがない男と、 それに気づいた女の、 ほんの1秒間の物語。


上演作品
火にまつわる短々編つめあわせ
作:長谷基弘
演出:長谷基弘
出演:山西真帆、乾優希
短編集『火いろいろ』にて上演した5〜15分の短々編から厳選しお届け。
特徴のない一日をじっくりふりかえる『火曜日のできごと』や、
戦争を軸にした人類史を5分で描く『ぼく猿』などなど。持って行けるだけ持って行きます!

静岡県浜松市を拠点とする社会人劇団。 2011年に旗揚げし、コメディの創作をメインに活動しています。
今回は、カブフェスの為のスペシャルユニットで参加します。
上演作品
スピーカー&マイク
作:Ya-ma(劇団こいろは)
演出:演劇ユニットFOX WORKS
出演:狐野トシノリ+α
もしもスタンダップコメディのバトルがあったとしたら?お互いが手にするのはマイク一本と練りに練ったネタだけ。
でも本番では何が起こるかわからない。インプロでもない台本でもない、表現の新境地

名古屋拠点、おぐりまさこ×関戸哲也の演劇ユニット。
全国各地を飛び回るうちに奇跡的な出逢いを遂げ昨年、戸田恵子の生誕記念公演に携わる。
日常に纏う哀歓を軸に描くヒューマンコメディドラマをお届けします。

上演作品
1「死ぬ時に思い出さない今日という一日」/2「じゃあね」
作:関戸哲也
演出:関戸哲也
出演:おぐりまさこ・関戸哲也
1.2020年劇王奪取作品の夏バージョン。
ビルの屋上で偶然出会った二人が、見えているけど届かない、とある事件を目撃する。
どうしようもない状況で右往左往する男と、どこか達観した女。二人と事件の行末は…。
2.関戸哲也、書き下ろし新作。
作家がひとり、パソコンと格闘している。
今ひとつ決まらないシーンに四苦八苦する男。
せっかく書き上げたものにケチをつける女。
台本の中で現れては消え、消えては現れる様々な人生。
その先にあるものは。

名古屋で演劇活動を開始。
2021年から故郷高知に活動拠点を移す。
ポエトリースラム(自作詩朗読)やパワポカラオケ(即興プレゼンテーション)が得意。
即興演劇イベント企画などを全国的に開催している。
上演作品
中内こもるのコント屋さん
作:中内こもる
演出:中内こもる
出演:中内こもる
毎年「寿司屋風」ショートコントでカブフェスを盛り上げていた、 高知の劇団TRY-ANGLEさんが今年は不参加!?
勝手に慌てた中内こもるが、 (本家の許可を得て)同じフォーマットで今年はひたすらショートコント!
時々ポエトリーリーディングも混じってるから気をつけろ!

関西を中心に活動している劇団。 主宰・谷省吾。丁寧なセリフと細やかな演出が特徴。 言葉無くとも伝わる機微と表される。若手には的確な演技指導が知られる。 代表作「破稿 銀河鉄道の夜」・オールフィメール関西弁シェイクスピアシリーズ・恩田陸小説舞台化シリーズ等。

上演作品
運命の人
作:谷省吾withJ
演出:谷省吾
出演:仲村綾美、瀬ノ口愛菜、津田星司、谷省吾
失恋した彼女が街角で手にしたティッシュペーパーには「5分で運命の人に出会えます」との文字。
誘われるように入った謎の店で出会った「 運命の人 」とは?ショートアクトバトルvol.3優勝作品。

劇団Confluxは『衝突そして合体』をテーマに、人と人、心と心、役者と観客、様々なモノの 「ぶつかり合い」を作品の中で表現しています。よろしくお願いします!

上演作品
Cross Pictures
作:RIN
演出:team conflux
出演:RIN・ちゃっぴー
アンドロイドがAI知能によって自発的な行動を可能にした近未来。
贋作師は相棒とも執事とも呼べる、アンドロイドと共に絵を描き続ける。
本物の偽物を創る為に。

劇団まんまるです!
「面白い奴が偉い!」をモットーに徳島市で活動してます!
上演作品
丸山短編喜劇集
作:丸山裕介
演出:丸山裕介
出演:劇団まんまる
カブフェス用に短くて楽しめるお話をいくつか上演致します♪
お気軽にお楽しみください。

「人を、想いを、戯曲に乗せて、お客様に『届ける』ことを目的とした芝居づくりを行う。」
todokeru,はその想いに共感したメンバーが集まり大木茂実の作品を上演する演劇団体です。
上演作品
14時回『鎧袖一触』/17時回『おしゃべりなちぎりぱん』
作:大木茂実
演出:大木茂実
出演:『鎧袖一触』永見弥生、北村凪
『おしゃべりなちぎりぱん』久米春花、鈴江咲紀、藤本康平
『鎧袖一触』
鎧袖一触とはよろいの袖が一度触れた程度で簡単に敵を打ち負かすこと。
私は袖に触れた。 あなたも、袖に触れた。

『おしゃべりなちぎりぱん』
私は、どこに何が入ってるかわからない餡・チョコ・クリーム・ジャムの4色ちぎりパンが好き!
だけどこのちぎりパンはすこーしおしゃべりで……

劇団さんばば四国は、昭和・平成・令和と激しく移り行く時代、
山あり、谷あり渡り歩いて来た女優(熟女三人)とカエル一匹が、
歌にダンスに痛快コメディジェットコースター演劇を通じて、
皆様を、元気に幸せにできたらと地域の施設訪問や舞台他、
YouTube動画配信SNSなど…ちょこちょこ活動中??

上演作品
『夢のあとさき』
作:劇団さんばば四国(共同演出作品)
演出:劇団さんばば四国(共同演出作品)
出演:中越恵美/昭子、住友恵美子/平子、 結めぐみ/令子、合田利邦/カエル所長 さんばばサポーター他
ある、お掃除派遣の現場で三婆が、話していると、足元に黒い影、その影は令子を突然人生の審判、闇の世界へと導く、その時人生で一番大切なものに気づき再生の旅がはじまる…

今回でカブフェスへの出演は3回目。
加藤直が手掛ける演劇企画です。
もうそろそろちゃんとした劇団にしたいなぁと考えています。
上演作品
わたしの夢はほいくしさん
作:加藤直
演出:加藤直
出演:福井ともみ、加藤直、森友樹、Berry、山口扇世
とある保育園では来る発表会に向けての準備で大忙し。
その中で先生たちだけで行うプログラムがあるのだが、その内容を巡ってなにやら波乱の予感…?

朗読劇「お悩み交差点」を上演したユニット「ケモノミチ」が2年ぶりに登場! がっつり演技派の男優二人とゆうるり女優二人が奏でるオトナのユニット「ケモノミチ」 さて、今回はどんなモノが飛び出るやら…。

上演作品
ハラハラプラプラ時間旅
作:ユカリーヌ
演出:ユニット「ケモノミチ」
出演:たばっち 豪ちゃん 千春 サラリーノ ユカリーヌ
スタッフ:竹内敦司・竹内一二三
部下にモラハラだと騒がれて、悩む次長は、女子社員と共に時空を超えて江戸時代に飛び、黄門一行と出逢ってしまう。

香川県を中心に、アマチュア漫才師として活動しているブランコと申します。
毎月高松Beatlesでワンマンライブをしています。
ワンマンライブでは、アドリブ漫才という“ジャズ”をやってます。
生のお笑いが観たい方は、是非お越しください。
上演作品
ブランコ笑ライブinカブフェス2024
作:片本大貴、大熊剛志
演出:片本大貴、大熊剛志
ブランコの珠玉のネタはもちろん、カブフェス2024でしか観れない生の漫才もあります!

愛媛県松山市を拠点に、年一回の本公演、数本の短編を各地で上演。 カブフェスには初回以外すべて参加。 人の心の綾やその場で変わる空気を大切に芝居を作っています。

上演作品
飛べ飛べ天まで飛べ! To be to be ten made to be!
作:玉井江吏香
演出:玉井江吏香
出演:いさななな・小野桜子・川村明恵
スタッフ:田坂涼
飛びたい、大人の、魔女たちのお話。

愛媛県松山市で活動する社会人お笑いコンビ。
2人とも台本を作成するため驚異のネタ数を誇ると一部で話題に…?
上演作品
三日月リリィの漫才ライブinカブフェス2024
作:瀬野義仁・忽那一樹
演出:瀬野義仁・忽那一樹
出演:瀬野義仁・忽那一樹
今年もやります!三日月リリィによる漫才ライブ!
今年は幾つのネタを持ってくるのか?汗と怒号にまみれた2人を見逃すな!?

2010年10月結成。四国劇王?、?と二連覇達成。第1回神奈川かもめ短編演劇祭にて「演出賞」受賞。 代表の「人が笑う理由は様々。観客全員に笑いを届けたい。」の想いの元、しゃかりきに活動を続けています。

上演作品
小ロック
作:行正忠義
演出:行正忠義
出演:行正忠義、加藤春菜、阿野田由紀、村松涼太郎、宮田郁奈、松田花奈、けーか
スタッフ:岡村実記、鮫島美月
「ロック」三部作シリーズ最終「ロック」が帰ってくる!その名は「小ロック」

高知県高知市を拠点に活動。基本的には主宰の松島寛和が作演出を担当。
貧困や政治など社会問題を扱う割には明るくポップで笑える作風ですねとよく言われます。
上演作品
『樺沢家抜粋』
作:松島寛和
演出:松島寛和
出演:山田紫織・露木彩花・松島寛和
2016年に高知と松山で上演した「樺沢家の3人姉妹」
(原作・カラマーゾフの兄弟/ドストエフスキー)から一部を抜粋して上演します。
長女美由紀が、母親であり恋敵でもある布由子から恋人の倉木を取り戻すため、
150万の算段をするシーンをやります。どうぞお楽しみに。

高知を拠点とし、演劇を中心とした創作活動を行います。
空想をあらゆる形に変え、流れる雲のように旅する小さなユニットです。
現在は野村春菜、田坂涼の2名で活動を行っています。
上演作品
ナンバーブレード〜免許皆伝の巻〜
作:野村春菜
演出:野村春菜
出演:野村春菜・田坂涼・河邊雄大
1はシンプルで扱いやすく、
2はコツがいるが使い甲斐がある……
これは、数字を使って、己の心技体を磨く人々の話。
果たして、ナンバーブレード使いとして一人前になれるのか!?

2007年、長崎県諫早(いさはや)市を拠点に旗揚げ。青春・情熱・衝撃の3つをモットーに 青くさく爆発的に活動。 ストレートで暑苦しい真っ直ぐな芝居から呆然としてしまうシュールな作品まで幅広くストックを持っている。

上演作品
あなたを笑わせる事だけに集中させてくれ
作:劇団ヒロシ軍
演出:劇団ヒロシ軍
出演:劇団ヒロシ軍
2024年に出来た新作(コントor短編)を余すことなくお送りする20分間。
全力でクスッと笑いたい方は是非!



過去の様子

>2023年(第11回)
>2022年(第10回)
>2021年(第9回)
>2020年(第8回)※オンライン
>2019年(第7回)
>2018年(第6回)
>2017年(第5回)
>2016年(第4回)
>2015年(第3回)
>2014年(第2回)(PCページのみ)


お問い合わせ

[主催(株式劇団マエカブ)WEBサイト]
http://maekabu.main.jp/
[メール]
info@maekabu.main.jp
※メールのお返事には、お時間を要する場合がございます。
[電話]
090-7572-6104(株式劇団マエカブ/岡田)